ホワイトニングが出来ないケースについて

2014年11月23日 / 未分類

ホワイトニングは、状態によって受けられない場合もあります。

まず、ホワイトニングについては、神経を取ってしまった歯は白くすることができません。
神経を取り除いてしまった歯については、歯に栄養分が届かなくなってしまう為、色が黒く変色してしまうのです。
                                               af9920061111l                         

この状態で施術を行っても色を変えることはできませんので、ほかの方法でホワイトニングを行っていくことになります。
これと同様に、かぶせものをしている歯についても、白くすることはできませんので注意してみるとよいでしょう。
                                                                                      

ホワイトニングは、体の状態によっても受けることは難しくなってきます。
とくに妊娠中の場合、使用する薬剤が母体や胎児に影響を及ぼす恐れがあるため施術を断られてしまいます。
妊娠中の方は、出産して体調が安定してから治療を受けてみるとよいでしょう。
他にも、歯周病などの口腔内の病気を抱えている方も、ホワイトニングを行う時の薬剤により歯茎にしみてしまったり、症状の悪化を招いてしまう為、症状を治してからの治療となってきます。
                                                                    

また、歯周病が重度にまで進んでしまっている場合には、ホワイトニング自体を受けられませんので、施術を受ける前に医師に相談してみるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る