ホワイトニングって何?

2014年11月23日 / 未分類

審美歯科は、口元の美容のための歯科であり、なかでもホワイトニングの治療を多くおこなっています。
ホワイトニングとは、歯を白くすることで、特殊な薬剤を塗ってからそこに光をあてることで歯を白くすることができます。
                                                                       

大きくわけると2種類あり、ひとつは歯科やクリニックでおこなうものです。
従来では、熱をもった光をあてていたために、薬剤がしみたり、熱い思いをすることが多かったのですが、最近では技術も発達したために、痛みや熱さをほとんど感じることなく、白くすることができるようになりました。
期間は、早ければ3日ほどで効果がでます。
そのため、急なイベントの前や、結婚式や面接など相手に好印象を与えたい場合にも、数日前に施術することで間に合います。
                                                                                   

また、もうひとつの方法は自宅で行う方法です。
これは、歯科などで自分専用の歯型にあわせたマウスピースを作成します。そして薬剤を入れてからマウスピースを装着しておくことで、漂白ができるというものです。
                                                                                              

歯科で行うものと、自宅で行うものを、併用して行うことで、より白く、そして白さを持続させることができます。
ただし、ホワイトニングは施術をしたからといって永久的に白いわけではないので、定期的に行う必要があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る